読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑多でいこう!

何でもブログのつもりが結局ゲーム主体になったブレにブレていく脳筋的ブログ

こ、これは…!(ダークソウルTRPGの話)

親和性めっちゃ高い気がする。

 

www.gamespark.jp

 

飛ぶ嵐の王を落とす勢いで世界的有名なIPとなったフロム・ソフトウェアの『◯◯ソウル』シリーズですが、この度『ダークソウル3』を題材にしたTRPGが5月20日に爆誕するんですって。友達作るしかないな。どどんとふ通うか(やるとは言ってない)。

元々が硬派なダークファンタジーRPGである『ダークソウル』シリーズは、武器や魔法なんかもあまり奇をてらわずシンプルかつ美しく作られていますし、登場する魔物も非常に濃厚で存在感半端ないので、2度言いますが親和性めっちゃ高いと思う。ラスボスがちょっと気になるけども。ただ、がっつりパーティを組んでやるタイプのゲームではなかった…というより、ソロゲー色がとても濃いゲームなので、実際セッションするとなるとソロの方が多くなるかも?いや、もしくは複数プレイヤーが別シーンで同時進行して、進行途中で出会った際は一時的にパーティを組んで戦うとか。あー、その方が良さそう。

私、去年の夏くらい?からたま~にクトゥルフTRPGのセッションを見学したり、リプレイ動画を見るようになったんですが、ふつふつと「やりたぁい…やってみたぁい…ウフフフ」なんて願望と妄想が湧いては消え、シートまで色々作ったのに中々踏み出せずにいました。チキンでございます。酉年だけに。それが!この度!なんと!あの大大大好きなダクソが題材になったとあれば!買うしかありませんね。買うしかないやろ。とりあえずブックは買う(やるとは言ってない)。

ところで、わざわざ『3』を題材としている辺り、『ダークソウル』『ダークソウル2』版への布石に見えて仕方ない。ヘタしたら『デモンズソウル』もやるんじゃ…というかできますよね多分。『ブラッドボーン』もできるよね多分。素晴らしい!もう4本も可能性が残されている!友達作るしかないな!

 

 

 

作るしか…ないね…(´・ω・`)

 

感想書きました↓