読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑多でいこう!

なんでもかんでも気になったことをつらつらと書きなぐっていきます。

『Overwatch』はe-Sport界の新たな開拓者となるか

ゲーム

f:id:hiloshi-t:20170329204241j:plain

e-Sportsの明るい未来がここにある。といいな!

 

www.gamebusiness.jp

 

モルガン・スタンレーの調査結果によると、Overwatch』の公式e-Sportsリーグ「オーバーウォッチリーグ」がもたらす収益は、約1億ドル超にもなる見通しであるとのことです。

 

あくまで見通しではありますけど、それほどOverwatch』のコンテンツ力が高まっているというひとつの証明でしょう。

モルスタは他に「そのうち7億ドルくらいはいくんじゃね」とか発表してますが、さすがにぶっ飛びすぎじゃありませんかね。・・・とは言うものの、競技性も高いし、キャラクター性もしっかり担保されてるしで、マルチな市場展開も十分に可能そうなコンテンツに見えますし、ある程度のレベルまで収益をあげられそうだというのは頷ける。

また、以下の記事で書かれているのですが、ゲーム観戦者の実に40%が「自分ではゲームをしていない」そうで。つまり、野球やサッカーなどのように、観戦コンテンツとしての価値も非常に高まってきていると言えます。

 

TECHNO SPORTS様

最近のe-Sports市場の動向まとめtechsportsmeleap.wordpress.com

 

仮にモルスタの予想である7億ドル規模まで膨らんだ場合、1つ目に挙げた記事にも書かれていますが、その規模はWWEと同じくらいか、メジャーリーグサッカーの20%くらいになるそうで、そこまでいったらもう、ゲームとは関係ないような大手メーカーですらも黙ってはいられなくなるでしょう。

海外では徐々に市場規模を拡げているe-Sports。日本でも更なる浸透拡大に期待したいところです。今だに「ゲームはムダ」とか言ってるやつ、時代遅れになるかもしれないから覚悟しとけよ?個人的にはもう時代遅れだと思いますけど。

 

あ、もしかしたら今日からオリーサのライバルプレイ解禁かな?練習しよ練習しよ。

珍しいコーテクRPGが明日出るわけですが

ゲーム

ドヤ顔ダブルソード。

 

social.gust.co.jp

 

内容を見るに、どうも「女子校版ペルソナ3 or 4」のような感じがしますね。もちろん、コーテクおなじみのキワドイ見せ方も健在。

 

f:id:hiloshi-t:20170328232306j:plain

漂うペルソナ臭。というか雰囲気いいなぁ。

 

f:id:hiloshi-t:20170328231604j:plain

神々しい。

 

f:id:hiloshi-t:20170328231619j:plain

あ^~

 

 

 

それはさておき、気になるのはプレイアブルキャラが3人しかいないところ。どの程度幅の広い遊びが用意されているのかにもよりますが・・・と書きかけたところで、そもそもコンセプトがビジュアル&ストーリー寄りなので、そこまでゴリゴリなRPG的遊びを求めるのは野暮ってもんですかね。コーテクだしね。

あとVita版の処理落ちも気になる。まぁこれもPS4を軸に作ってるでしょうから致し方ないところなんですけど。Vitaのが遊びやすいんだよなぁ、特にライトなゲームって・・・。

 

まぁなんだ、ロリ神メル氏の描くJKがヌルヌル動くってだけで十分だな!

モバイルゲームは「コアゲーマー」に合わないのか

ゲーム 物申す系

f:id:hiloshi-t:20170327192023j:plain

合わないのか?

 

という疑問を、ゲムスパの記事見て思った春近しい今日の夜。

www.gamespark.jp

 

私なんかは誰がどう見てもドMコアゲーマーなんですけど、上の記事や記事コメを見ていると、どうも「モバイルはそもそもコアゲーマー向けじゃない」みたいな印象をお持ちの方が結構いらっしゃるようで。

私はコンシューマはもちろん、モバイルもゴリゴリやりますし「これは良ゲーだ!」と思えば課金も辞さない。ガチャガチャ・・・。

印象の問題は根深いでしょう。ゲーム性に制約が出てくるのは事実です。遊ぶ人の傾向からしてあまりゴテゴテにシステムが組まれためんどくさいモノだと人が定着しませんから、コンシューマ機のゲームと比べればアッサリなのは否めず、ライトという印象を持たれがち。

更に「時間や努力を金で買える」というところも、昔ながらのコアゲーマーからすると極論「そんなもんゲームじゃねぇ」なんていう要因となってるんじゃないでしょうか。また、そういった性質から「自分のやりたいようにやり込めない」という印象も強いのかもしれません。分からいでもないですけどね。

ただ、モバイルもガッツリやってる方なら肌で感じていると思いますが、デバイスの急激な進化もあって、非常に高品質なモバイルタイトルが増えてきています。ヘタなコンシューマタイトルより面白いゲームも結構ある。スタミナフリーなタイトルなんかだと、Diabloなみにハクハクスラスラさせるものもあります。というか、今やコンシューマタイトルより格段にマネタイズしやすい分、ゲーム部分に力を入れやすいというのもあるかもしれません(制約はさておき)。

 

時代の流れを見るに、モバイルゲームは更なる進化を続けるでしょう。特に日本国内においては、その発展は目覚ましいものがあり、まだまだモバイル偏重な流れは止まらない(はず)。「モバイルなんてよォ」とか毛嫌いせず、ぜひこれを機に見聞を広めてもらいたい。そして時代の最先端を突っ走る真のコアゲーマーとして、更なる高みを目指していってもらいたいものです。同志よ!

 

 

 

・・・とは言ったものの、コンシューマももっと盛り上がってほしいんだよなぁ。日本の企業体質からして難しいだろうけど、もっと冒険してほしいわー。既存タイトルの焼き直しとかモバイル移植ばっかりだけじゃなくてさー、新規IPもっと作ってくんないかなー。アトラスの完全新作RPG、超期待してる!

 

どうでもいいですけどTwitterと連動しましたので、どうしても気になる方はフォローしてくれてもいいのよ?(ステマ

 

しあわせっぽい青い鳥

日記

ぴーちゅん。

 

とある読者様がTwitterを始めたとのことで、これを機に私もすでに持っていたアカウントを連動させるかーと衝動的に思い立ったので載せます。日本の言葉でBIN☆JYOとか言うらしいです。

 

twitter.com

正直設定めんどくさいなーと思ってたら全然そんなことなかった。人間ってのはほんと、ラクすることへの貪欲さってすごいですよね。 

 

そしてそんな読者様のTwitterアカウントをフォローしたら10数秒でフォロー返ってきてびっくらこん。反応はやっ。

まぁでもフォローされた瞬間に連絡いくのでそんなもんですか。

 

ところで、連動すること自体に問題はないんですが、別の問題として「文体が違う」という点がありましてね。ブログでは「です・ます調」で、Twitterでは口語オンリーなんですよね。どうするかなぁ。統一してない人なんかもいるんでしょうか。

 

気にしなくていいかな!

「腹痛」という名のビッグウェーブに強制ライドさせられた時の術

マイお題

お題「お腹が突然痛くなった時のあなたの対処法」

 

へいへいへーい。

 

久々のマイお題回答となりました。久々も何も2回目なんですけど。

いや、なんというかですね、ゲームの明るい話題があんまりないんですよね。『Nintendo Switch』が出た時はやんややんやでしたが、今は落ち着いてます。ちょっと期待してたスマホゲー『ブレイブリーデフォルト フェアリーズエフェクト』も何か微妙だったんだよなぁ。

 

 

では本題にいきましょう。「お腹が突然痛くなった時のあなたの対処法」

例として状況はそれなりに混雑している電車内。つり革を持ってスマホポチーしてる時としましょう。常備薬はナシ。

 

 

試合開始!(カーン

 

①下っ腹を中心に全身をガードする

幼少の頃、某レイガンな漫画の某酔拳使いさんより賜った由緒正しき方法*1

簡単に言うと、下っ腹に意識を集中して適度に力を入れるだけ。どうやら丹田と呼ばれる部分で、この部分に意識を持っていくことで体を落ち着かせる効果があるんだとか。ちなみに単なる私の経験談ですが、寒い時期に下っ腹に意識を集中して力を入れることで、寒さが軽減されます。あくまで私は、ですが。

片手をつり革に、片手をスマホに、この状況でも問題なく行えるこの方法で、まずは気を落ち着かせます。

 

②周りに気付かれない程度に体を波打たせる

①の効果があまり見られない場合、次は海中のワカメのごとく、体をゆらゆらさせてみます。首下からケツまでをくーねくねするイメージ。もちろん、周りに気付かれない程度に。カーブに差し掛かる箇所が分かっている場合は、見計らって思い切りやるのもいいでしょう。

この動作により、体内をめぐる大波と同調を図ることで痛みの波長を整え、腹痛をコントロールすることができるんじゃないですかね多分。

 

③体内から邪気を放出する

①も②も効果が見られない、そんな時は・・・最終手段。根本要因である体内の邪気を外へと放出します。

①と同様に下っ腹に意識を集中しつつ、腹の中の状態を敏感に感じ取りながら、臀部の筋肉を繊細に動かしつつ、ここぞというタイミングを見計らって体外へと放ちます。まぁつまり放屁です。

この方法はあまりにデメリットが大きい。ひとつは言わずもがなですが、電車内で、しかも混雑時にやってしまうと、グレィトスメルだった場合にアナタの注目度はうなぎライジング。お腹のビッグウェーブに飛び込んだうなぎも真っ青です(実際はアナタの顔が真っ青でしょうが)。しかしながら、イモなどの食物繊維を多く含む食べ物を主食とすることで、かほりを軽減することができるとかなんとか。

もうひとつは、邪気と同時に魔王の封印も解いてしまう可能性があるという点。俗に「ノンエアーう◯こ*2」と呼ばれる現象で、こうなってしまった場合は、即座に離脱し、次の駅でトイレに駆け込む必要があります。むしろこうなってしまえば、もはや人目を気にすることなく根本原因を解消することができるでしょう。大切な何かを失うことと引き換えに・・・。何かを得るには、それ相応の代価が必要なのです。

 

※この記事の内容については個人差があり、効果を保証するものではありません。実際に行う際は自己責任のもと、行うようにしてください(特に③)。というかネタなので本気にしないでください(特に③)。

*1:幽遊白書」の暗黒武術会編の決勝にて戸愚呂(兄)が100%状態となった際、六遊会チームのひとりである酎が、チームメイトである輪駆に対し「下っ腹を中心に全身をガードしろ!!」と放ったセリフに由来する。なぜか妙に効果があるので私は今でもよく使います。

*2:屁だと思って軽く力を入れたら、出てきてしまったう◯こ。多くの場合、取り返しのつかないことになる(2ちゃんねる「たまに見たくなるコピペ」より)

昨夜の瞑想の結果がひどかったので頭の中を覗いてみた

日記

f:id:hiloshi-t:20170325193902j:plain

ほっひひwwwwwwwww

 

 

 

以前こんな記事↓で夢と私の関係みたいなものを書きましたが、まさか本当に夢で頭ん中いっぱいだったとは・・・。

hiloshi.hatenablog.com

 

この脳内メーカーで見た頭の中の「夢」が、眠っている時に見る夢なのか、はたまたチェイスして概ねリアーリティにコナゴナにされる方の夢なのかは定かではありませんが、まぁどちらにせよロクでもない中身であることに間違いはないでしょう。将来が心配です。

 

 

 

ところで突然脳内メーカーとかどうしたんだという話ですが、私は時々寝る前に軽く瞑想をすることがありましてね。部屋をまっくらけにして、電子機器なんかも全部オフにして。

昨夜久々に瞑想してたら、なんかこう、全然頭の中が静かにならなかったんですよ。それで気になって脳内メーカー思い出した次第。ちなみに昨夜の瞑想はひどかった。ロックマンクラコレ買おうかな~とか、来月Switch買うかな~とか、iPhone欲しいな~とか、あとはその、あの、あんなこととか、煩悩全開でほんとひどいな!瞑想とは一体・・・うごごご!

まぁ瞑想なんて言ってますけど、単に静かなところで目を瞑ってシーンと過ごすのが好きってだけなんです。今やそういう場所って中々ないじゃないですか。少なくともモバイル端末は持ち主の意思に関係なくアトランダムにあっちこっち引っ張り回してくれるわけですから。

なので、こうやってたまに全てのネットワークから解放されて、何も考えずに何もせずに時を過ごすっていうのは、中々のリラクゼーション効果を得られるのです。私だけかもしれませんが。

 

繋がりすぎというのも、困りものです。

マリオに本気なフィーチャリングバーが素敵すぎる

日記 ゲーム

すてき!

 

www.gamespark.jp

 

やばない?これ。

 

↓とかほら。

 パックンがちゃんと出たり入ったりしてる!

マリオがシェーカー振ってる!

 

やばない?

 

誰かどこでもドア作って?

 

 

 

大阪にもゲームバーってあるんですけど、これくらいガチなフィーチャリングしてくれないかな~。

最近全然飲まなくなったのでソフトドリンク頼みそうですけど。

 

そういえば株式会社マリカーはどうなったんでしょうかね。