読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑多でいこう!

何でもブログのつもりが結局ゲーム主体になったブレにブレていく脳筋的ブログ

モバイルゲームは「コアゲーマー」に合わないのか

f:id:hiloshi-t:20170327192023j:plain

合わないのか?

 

という疑問を、ゲムスパの記事見て思った春近しい今日の夜。

www.gamespark.jp

 

私なんかは誰がどう見てもドMコアゲーマーなんですけど、上の記事や記事コメを見ていると、どうも「モバイルはそもそもコアゲーマー向けじゃない」みたいな印象をお持ちの方が結構いらっしゃるようで。

私はコンシューマはもちろん、モバイルもゴリゴリやりますし「これは良ゲーだ!」と思えば課金も辞さない。ガチャガチャ・・・。

印象の問題は根深いでしょう。ゲーム性に制約が出てくるのは事実です。遊ぶ人の傾向からしてあまりゴテゴテにシステムが組まれためんどくさいモノだと人が定着しませんから、コンシューマ機のゲームと比べればアッサリなのは否めず、ライトという印象を持たれがち。

更に「時間や努力を金で買える」というところも、昔ながらのコアゲーマーからすると極論「そんなもんゲームじゃねぇ」なんていう要因となってるんじゃないでしょうか。また、そういった性質から「自分のやりたいようにやり込めない」という印象も強いのかもしれません。分からいでもないですけどね。

ただ、モバイルもガッツリやってる方なら肌で感じていると思いますが、デバイスの急激な進化もあって、非常に高品質なモバイルタイトルが増えてきています。ヘタなコンシューマタイトルより面白いゲームも結構ある。スタミナフリーなタイトルなんかだと、Diabloなみにハクハクスラスラさせるものもあります。というか、今やコンシューマタイトルより格段にマネタイズしやすい分、ゲーム部分に力を入れやすいというのもあるかもしれません(制約はさておき)。

 

時代の流れを見るに、モバイルゲームは更なる進化を続けるでしょう。特に日本国内においては、その発展は目覚ましいものがあり、まだまだモバイル偏重な流れは止まらない(はず)。「モバイルなんてよォ」とか毛嫌いせず、ぜひこれを機に見聞を広めてもらいたい。そして時代の最先端を突っ走る真のコアゲーマーとして、更なる高みを目指していってもらいたいものです。同志よ!

 

 

 

・・・とは言ったものの、コンシューマももっと盛り上がってほしいんだよなぁ。日本の企業体質からして難しいだろうけど、もっと冒険してほしいわー。既存タイトルの焼き直しとかモバイル移植ばっかりだけじゃなくてさー、新規IPもっと作ってくんないかなー。アトラスの完全新作RPG、超期待してる!

 

どうでもいいですけどTwitterと連動しましたので、どうしても気になる方はフォローしてくれてもいいのよ?(ステマ