読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑多でいこう!

なんでもかんでも気になったことをつらつらと書きなぐっていきます。

今時って、お金もらわないと予習復習しないものなの?

物申す系

今朝、こんな記事を見つけました。

 

news.nicovideo.jp

 

Yahoo知恵袋に質問を投稿した人によると・・・(超要約)

 

 

上司「覚えることいっぱいあるから、家でまとめたりしてしっかり覚えてね」

投稿者「派遣なのにプライベート削ってまでやらないといけないんですか?」

 

 

ということです。

さて、はっきり言ってしまいますが

 

当たり前じゃね?

 

です。はい。

いやだってほらアナタ、学校行ってましたよね?予習復習ってやってたでしょ?

分からないことがあれば、授業後とか放課後とか、授業外で先生に聞きに行ったりしませんでしたか?

全部が全部、授業内で完結させてたんですか?おぉ、それはすごい。仕事でもケチのつけようもない結果を出せているのでしょうか。出せてないから「家でやれ」と言われるんですよ。ハハハ、こやつめ!(私のことです)

学んだことを復習してしっかり身に付けて、次に活かす。関連性がありそうなところは、少しだけ予習する。仕事でも同じでしょうに。

 

え?「それって仕事の一環だから給料ないとおかしい」?

じゃあアナタ、仕事に活かせそうな何かしらの勉強を電車内でやってるとか、極論言うとエンターテインメント(読書とか映画とかゲームとか)を通じて仕事に活かせる何かを得たとか、そういうことがあったら「仕事の一環だから給料よこせ」って言うんですか?

 

マヌケなこと言ってんじゃないよ。

 

投稿者はこうも言ってます。

「いつ切られてもおかしくないのに云々」

と。つまり派遣であることを言い訳にしてるんですね。

じゃあ正社員だったら文句言わずに家で予習復習するんでしょうか?

むしろ「切られてもおかしくないから、切られないように勉強しよう」にならないんでしょうか。切られても文句ないなら好きにすればいいと思いますけど、そう思っているならこんな言い方はしないでしょうね。

 

あくまで私の見解ですが、こういう言い訳をする人ってのは、派遣だろうと正社員だろうと難癖つけてやらないでしょう。

派遣だからとかお金発生しないからとか、そういうのはただの建前で、本音は「プライベートの時間に仕事の勉強したくない」なんだと思います。

小学校、中学校、高校、大学、専門学校・・・「勉強する」という態勢や姿勢なんてある程度学んできたはずでしょうに、こと仕事となると何で「時間外で勉強なんてやだー!」になるんでしょうか、私には理解できません。

 

ただ、会社によっては業務時間内に、これでもかと言わんばかりに社内外研修会などを設けてくれているところもあることはあります。

でも、そうだからと言って予習復習を怠っていると、大体次の日には忘れていて「仕事をやりながら思い出す」ことになります。そして同じことを繰り返し「こいつ覚えるのおせーなぁ」となりがちです。もちろん、職場の雰囲気にもよるでしょうけど。

 

件の上司も別に「今日教えたことはその日のうちに家で全部暗記しろ!それまでプライベートはないと思え!」なんて言ってるわけではないと思います。まぁそういう人も実際いますが、そういうのはサラリと受け流していくのがコツ。

1回教えられたことを1回で全て覚えられたら誰も苦労しません。あくまで無理のない範囲で、復習して、少しでも身に付ける努力をするのです。

その中で、コツコツと結果を積み重ねて、それでも給料が上がらないとか、いいように振り回されたりしたら、猛反撃してやりましょう。「結果出してんだから金よこせ!」ってね。

 

 

私が大学卒業後に初めて就職した会社で、上司からこんなことを言われました。

 

「1日1時間、いや30分でいい。家で仕事の勉強をしてください。それが将来必ず、君たちの力になってくれるから」

 

私は今でも、この言葉が頭に焼き付いています。

この言葉を、先程の投稿者の方に贈りたい。

アナタの将来の糧の為に、頑張ってほしいと思うのです。

そんな、平凡未満な人間の戯言でした。

 

 

なーんて、偉そうなことを言ってみましたが。

実は私、今回の記事に書いたような、素直で前向きで高尚な考えをもって学びを得ているわけではなくてですね。

仕事してると、やればやるほど自分に足りない部分が見えてくる気がして、プライベートでも勉強しないと落ち着かなくなるんです。不安症で心配性なのです。

結果「仕事 is プライベート」「プライベート is 仕事」になっちゃうだけです。

○○ホリックってやつなんですかね?まぁ、今のところあまり苦には感じてないのですが。

 

皆さん、ちゃんと息抜きはしましょうね。